社長のブログ

2020/11/21
「SPY スパイ」

 

10月×日

 

アーモンドをあてにクラフトビール2缶。

 

 

 

メインは和風おろしハンバーグ。

ポン酢をかけたら絶品でした。

 

 

ホームシアターは「SPY/スパイ」2015年/アメリカ映画

 

久しぶりに映画を観ながら声を出して笑わせてもらった。

痛快娯楽劇にしてスパイコメディの快作である。

タクトを振るったポール・フェイグは十分に私を満足させてくれた。

 

主役はメリッサ・マッカーシー。表情、アクション、台詞まわし絶妙。

さらに巨体を駆使して圧倒的な存在感を示し、ファンサービスに徹していた。

女流ジョン・キャンディと言えよう。

 

彼女の前後を固めるラインナップも強力布陣だ。

ジェイソン・ステイサムは三枚目のスパイを楽しみながら演じ、守備範囲の広さを見せてくれた。

 

またローズ・バーンのクールビューティーも際立っていたし、

圧巻はアリソン・ジャネイの峻厳たるCIA上官であった。この人にできない役はもうなさそうである。

 

さらに若干頭髪の残量が気になったが、ジュード・ロウの地中海色に輝く瞳には吸い込まれそうになった。

 

そして私にはミランダ・ハートとの出会いもあった。

この英国のコメディエンヌは身長185cmの大女であるが、

メリッサ・マッカーシーとの凸凹コンビは往年のアボット&コステロを髣髴せしめるものがあった。

 

スコッチのグラスを片手に実に愉快な秋の夜長を私は過ごしたのである。

 

 

4.0点

 

 

 

 

 

ノエル

「内緒だけどボクも犬のスパイで、イスのすき間から見張っているんだじょ…」