社長のブログ

2020/11/20
「人生の特等席」

 

10月×日

 

この日はシューシェフの和風メニューでクラフトビール2缶。

 

 

先付は肉じゃがとインゲンのゴマ和え

 

 

ちくわのサラダ

 

 

ぶりの照り焼き

 

おひとりさま湯豆腐

 

 

ホームシアターは「人生の特等席」2012年/アメリカ映画

 

 

クリント・イーストウッドとエイミー・アダムスという私のお気に入りの二人が親娘に扮し、

家族の絆を描いたヒューマンドラマと聞いて期待は大いにふくらんだものだ。

 

しかし、そのふくらみは映画が進むにつれて次第にしぼんでいった。

もちろんクリント・イーストウッドとエイミー・アダムスの不手際ではない。

台本があまりにもありきたりで、話に深みが出てこないのだ。

最高の食材を用意したのに、味付けを失敗した残念な料理となった。

 

料理人はロバート・ロレンツ。

長きにわたりプロデューサーとしてイーストウッドを支え続けてきたが、調理場に立つ艱難を知ったはずだ。

その後、再び包丁を握ったという話は聞こえてこない。

 

さらに戦犯の一人にジャスティン・ティンバーレイクを挙げたい。

エイミー・アダムスと結ばれるスカウトマン役であったが、

元大リーガーと言う設定にもかかわらず、ただの軽薄な遊び人にしか見えず、大層興を削いでくれた。

聞くところによると、彼はミリオンヒットを飛ばす一流ミュージシャンとのことで、

今後は監督共々本業に精を出すことをお勧めしたい。

 

ちなみに私がジャスティン・ティンバーレイクに辛い点数を付けるその裏には、

エイミー・アダムス嬢への嫉妬心があることを自供しておく。

 

 

 

 

 

3.2点数

 

タイトルはズバリ「スカウトマン」で良かったのでは…。

 

 

 

 

ノエル

「ボクの特等席はおとうたんのお膝だじょ…」