社長のブログ

2020/10/23
「海の上のバルコニー」

9月✕日

 

 

スリランカのビールでのどを潤す。

 

 

 

この日はフランス映画の「海の上のバルコニー」2010年公開/を観る。

 

 

 

実によくできたロマンティック・サスペンスだ。

女流監督(ニコール・ガルシア)ならではの繊細なタッチが冴えた。

 

 

 

主人公のマルクは「アーティスト」でオスカーを手にしたジャン・デュ・ジャルダンが演じた。

彼は妻の父親が経営する大手不動産会社につとめているが、居心地は良くなさそうだ。

 

 

 

ある日、目をみはるばかりの美女マリ(マリ=ジョゼ・クローズ演)が大きな物件を買い求めて来社する。

マルクは一瞬で心を射抜かれる。

と同時に幼少期を過ごしたアルジェリアで、自分の家の向かい側に住んでいた少女が彼女であり、

初恋の相手であったことも思い出す。

マリにつきまとうマルク。しかし蝶のように身をひるがえし、マリはマルクの前から消えてしまう。

 

 

 

その後、幾重にも話のカラクリが仕掛けられ、どんでん返しに次ぐどんでん返しが繰り返される。

どれもが斬新なワナで、気持ちよく話に引き込まれてしまう。

映画を引き立たせたキーパーソンの一人に、「追憶のローマ」のトニ・セルヴィロがいたことを書き添えておく。

 

 

 

本作におけるマリ=ジョゼ・クローズの、匂い立つような美しさはスクリーンを制圧していた。

彼女はフランス映画にしか出演していないようだが、いつかフランス映画界は独占禁止法で訴えられることだろう。

 

 

一方で、熟成の段階を遠の昔に過ぎてしまった姿を、

恥じることもなくスクリーンに晒し出したクラウディア・カルディナーレには、

是非とも「アモーレ‼」の賛辞を贈りたい。

 

 

 

4.0点 💡 

 

 

 

 

 

 

ノエル

「タイトルは「アルジェリアで見た女」の方がいいと思いまちゅがね…」