社長のブログ

2020/10/18
「タイムリミット」

 

9月✕日

 

 

グレープフルーツサラダとフィッシュ&ポテトで英国ビールを飲む。

 

 

 

 

 

 

この日のホームシアターはドイツ発のクライム・サスペンス映画。

 

 

「タイムリミット」2008年/3.4点

 

 

 

主人公のカールは不動産会社の共同経営者であり、やり手デベロッパーだ。

 

 

 

ある日、こども二人を乗せた車に爆薬を仕掛けられ、

犯人から金を要求される。

 

 

 

初めは高をくくっていたが、同じ手口にあった共同経営者の車が爆発するに至り、ストーリーは俄然緊迫の度合いを増してくる。

 

 

 

犯人との駆け引きの中で、局面は目まぐるしく変わるわけだが、

いちいち泣き叫ぶカールのリアクションが目障り耳障りで、とてもやり手デベロッパーに見えなかったのが残念。

 

 

 

脚本をサスペンス一本に絞るべきだった。

なまじっか親子愛から不倫まで盛り込もうしたため、話が散漫になってしまった。

そうダニエル・クレイグ的演技と演出と脚本でクールに犯人と対峙させたら、かなりのレベルのサスペンス作品になっていただろう。

 

 

 

そんな中、爆弾処理班の女性責任者役でハンナー・ヘルツシュプルンクを見つけた。

彼女は名画「愛を読む人」にもちょい役で出ていて気になる存在になっていたが、

本作でも抑制の効いた演技を披露し、私を大いに満足させてくれた。

 

 

 

 

 

 

 

ノエル

「ボクが運転をしてたら…こんな大騒ぎにはならなかったはずだじょ…」