社長のブログ

2020/09/21
「追憶のローマ」

8月✕日

 

 

この日は休日だったので午前中はドッグラン。

 

 

 

夕方からジムでトレーニングをしてきました。

 

 

 

夕食はシューシェフの手料理

 

 

 

 

豚肉の煮込み  煮魚  サラダ  ざるそば

 

 

 

 

栗ご飯をひと口

今年は栗が豊作だそうです。

 

 

この日のホームシアターは

 

「グレート・ビューティー 追憶のローマ」2013年/イタリア映画/3.8点

 

 

カンヌではパルムドール、アカデミーでは外国語映画賞に輝いた作品です。

 

 

戦後になって、名画とその巨匠たちを次々と世に送り出したイタリア映画界が、

久しぶりにパオロ・ソレンティーノと言う俊才を見せてくれました。

 

 

この作品に描かれていたのは4つ。

 

 

①美しいローマの風景

 

②美しいイタリアファッション

 

③美しい台詞

 

④フェリーニへのオマージュ

 

 

特に④については「甘い生活」でフェリーニが描き切ったブルジョワジーの退廃とデカダンスが、

この作品の至る所に散見できました。

 

 

また時には「アマルコルド」の香りも漂ってきました。

 

 

主役のトニ・セルヴィッロは貫禄の演技。

まるで旅行番組のナビゲーターのように美しいローマの街を目の前に出してくれます。

 

 

 

享楽に耽っていた日々は去り、次々とまわりの者が消えゆき、

次第に孤独と生きる意味との狭間で悩むトニ。

 

 

 

上質なイタリアワインを味わうような佳作でありました。

 

 

 

 

 

 

ノエル

「ボクのドッグランもローマに負けないくらいキレイなところだじょ…」