社長のブログ

2020/08/20
「人は、なぜ 他人を許せないのか?」

 

 

書店で目にするこの一冊に挑戦↓

 

 

気になった点を羅列しますと…

 

最近SNSなどでの個人攻撃が激しさを増してますが…この本の中では…

 

・他人に「正義の制裁」を加えると快楽物質であるドーパミンが出る。

☆人間は誰かを叩けば叩くほど気持ちが良くなる。だから自覚して自重しましょうね。

 

 

・「正義中毒」→「自分以外はすべて悪」

 

 

・日本人の団結が強い理由→島国だからではない→古来より自然災害が多いため、必然的にみんなで助け合い、力を合わせる習慣が身に着いた。

 

 

・ネットで新しい情報を得た気分になるが、実はフィルターに掛けられた情報ばかり。自分の世界は極めて限定的であると自覚。

☆そーいえば自分に合った情報しか流れてきませんね。CPが私の好みを認識して情報操作してるんでしょうね。

 

 

・「正義中毒からの解放」→ひと呼吸置く。「自分は中毒症状が強くなってるぞ」と自覚する。

 

 

・昔を懐かしむことが多くなると→前頭前野の老化のサイン。

 

 

・老けない脳の作り方

  ①慣れてることをやめて新しい体験をする

 

  ②不安定、過酷な環境に身を置く

 

  ③安易なレッテル貼りに逃げない

 

  ④余裕を大切にする

 

  ⑤食事に気をつける→青魚、貝類、ナッツ、えごま油

 

  ⑥睡眠→スキマ時間をみつけて仮眠をとる

 

 

・「正義中毒」を乗り越えるカギは「メタ認知」→「メタ認知」とは自分自身を客観的に見て認知すること。

 →常に自分を客観的に見る習慣をつける。

 →他人や自分に一貫性を求めるのは不可能→「どうでもいい」と思うこと。

 

最後に…

・人間は不完全なもの。永遠に完成しない…と締めくくってあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

ノエル

「こう見えてもボクもほかの犬を受け入れてるんだじょ…」