社長のブログ

2020/06/15
①別れの風景..「親族通夜」

 

 

コロナ対策として始まったのが「親族通夜」です。

 

 

 

葬送で一番混み合うのが、お通夜の読経時間(お経の上がっているとき)でした。

 

 

 

「親族通夜」とは密集を避けるために、

弔問時間より1時間ほど早くご親族にお集まりいただき、お経をあげていただくのです。

 

 

 

一般弔問客は来館するとすぐに焼香ができるため、

ご遺族へのご挨拶を済ませて、速やかにお引き取り頂くことができるようになりました。

 

 

 

もちろん、お残りいただきゆっくり故人を偲んでいただくことも可能です。

 

 

 

この方式によりお通夜時の混雑が随分緩和されました。

 

 

 

県北ではコロナ前からこういう習慣だったそうですが、

宮崎市内でも増えていくのではないでしょうか。

 

 

 

コロナによって生まれた新しいお別れの形のひとつになりそうです。

 

↑「親族通夜」のあと、一般のご弔問を受けている様子。

三密を避けることができるようになりました。

 

 

 

 

 

ノエル

「ボクの親族通夜には…おとうたんとコアラくんに参列してもらいたいでちゅ…」