社長のブログ

2020/06/08
③「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」

 

 

気温が上がるにつれてビールの出番が増えてきました。

 

この日はジョギングでたっぷり汗をかいたあと、珍しいクラフトビールで夕飯がスタート。

 

 

 

 

料理はこのあと観る映画に合わせてドイツ流にしてもらいました。

 

 

ワインはドイツワインのストックがなく、イタリアのロッソになりました。

 

 

 

この日のホームシアターは…

 

「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」

 

 

「ドイツのタランティーノ」と称されるトーマス・ジャン監督による1997年の作品です。

持病の為、余命いくばくもない二人の若者が、念願だった海を見るために、病院を抜け出して走り回るロードムービー。

 

 

実はこの作品、ミッチーの強力な推薦で観たのですが、確かに若者が観ると魂がゆさぶられるでしょうね。

でも、後期中年の私には少しコミカルな演出が目立ち軽すぎたかなあ…

ストーリーが面白かっただけに、もう少し重々しく作られていたら、おじさんにもビンビン響く作品になっていたと思います。

 

 

採点は合格点の3.6でした。

 

 

 

 

ノエル

「ボクは若者なのでじゅーぶん満足ちまちた…観てないけど…」