社長のブログ

2020/04/13
ホームシアター…「メメント」

 

 

 

この日のワンプレートディナーはシーフードとカリシャルでした。

 

 

 

 

 

 

で選ばれたホームシアターは 

「メメント」

 

 

 

【作品紹介】

2000年 アメリカのサスペンス映画

 

アカデミー賞では脚本、編集賞ノミネート

 

監督 クリストファー・ノーラン(出世作となりました)

 

主演 ガイ・ピアース(レナード)

 

助演 キャリー=アン・モス(ナタリー)

 

   ジョー・パントリアーノ(テディ)

 

 

 

【ストーリー】

LAの保険調査員のレナードは目の前で妻を殺さたショックから、

10分しか記憶を保てない記憶障害にかかります。

 

そのためレナードはポラロイド写真やメモ、全身にタトゥーを彫ってメモとし、

妻殺しの犯人を捜し出そうとしますが…。

 

 

 

【見どころ】

・最初にラストシーンを持ってくる倒叙法を取り入れています。

 

・「メメント」とは「思い出せ」「思い出」などの意味。

葬儀の世界で使われる「メメント・モリ」とは

「死を思え」「死を忘れるなかれ」「死を恐れず今日を精一杯生きろ」などの解釈があります。

 

 

 

【最後に…】

・とにかくストーリーが難解です。

 

・ワインのあとスコッチをなめながら観るものではありませんでした。

もっとシャキッとして観てもわかるかどうかという作品。

 

・カラーが現実、モノクロが過去と言うのはわかりますが、

とにかく話の展開についていけませでした。

 

・そもそも観る前から「ソウ」と間違えていたのも敗因か。

 

・寝落ち回数3回の体たらくの私でした。

 

 

 

【採点】理解力と体力が及ばず…3.4点

 

 

 

 

 

 

 

 

ノエル

「ボクもおとうたんにつられて寝落ちしてしまったじょ…」

 

 

 

4.13  am10:30

 

 

お仕事も忙しくなっているようですが、

今日は年度初めの官公庁回りです。

 

 

それでは行って参ります‼