社長のブログ

2019/08/17
合同葬

↓の写真は過日アルテ大淀で執り行われた合同葬の模様です。

 

合同葬とはご遺族と会社が合同で行う葬儀を言います。

 

宮崎では同族会社の役員さんが亡くなられた場合などに、

よくこの形式がとられます。

 

社葬ですと会社が前面に出て、

ご遺族はお客様的な存在になりますので、

会社行事の意味合いが強くなります。

 

一方合同葬ですと両者のバランスが上手くはかられます。

 

葬儀費用の負担も会社とご遺族が話し合い、

両者にとって納得のいく形がとられますし、

場合によっては香典の受け取りも、

自分たちの考えでどのようにもできます。

 

費用負担のことは会計士にご相談されると、

明快なお答えが頂けると思います。

s-002

 

 

ノエル「勉強になりまちた…」

s-007