社長のブログ過去記事

2016/06/15
6/15 水曜の朝、午前5時30分  「看脚下」

おはようございます。

今朝もの言葉をひとつ…

看脚下(かんきゃっか)

お寺の玄関などで見られる言葉です。

足元に注意してくださいね

靴は揃えましょうね…

と言うような意味ですが、自分自身を顧みる意味もあります。

自分の進んで来た道は正しかったのか?

今のままでいいのか?

これから どう歩んで行ったらいいのか?

自分を省みるときにも ひとつの道しるべとなります。

流されやすく、自分軸のない私にとって 宝物のような言葉です。

ですから、毎日 一日の終わりに 翌日履く靴を決め

磨き上げながら 今日を反省し 

明日への決意を固めるようにしています。

お仕事は、未明から当直の内田&大谷班は出動の連続。

お陰さまで アルテ高洲に3件  アルテ桜ヶ丘に1件

家族葬ホール・絆に2件の

お葬式を拝命しております。

そして、夕方からは業界の総会もあります。

今日も一日 自分の足元を見つめながら

誠を尽くして参ります。

毎日暑いですねえ。

こんな時は 

冷やしぜんざい いいっすねえ

今日もいい日になりますように