社長のブログ過去記事

2013/02/10
社長として…父として…

13-2-10-01

 

我が家は自営業なので家族の関係が少々複雑だ。

家族であって上司と部下と言う側面が大きい。

 

同族会社の経営者にとって

子育ては最重要な任務の一つと思っている。

後継者育成を誤ると企業の将来はなくなる。

 

お陰さまで私にはふたりの息子がいてくれる。

 

長男丈生は神戸の関西学院大学3回生で、

いま就活に忙しいようだ。

しばらく他人の飯を食って、宮崎に戻る予定だ。

 

二男・道生はサッカーと塾通いの毎日だ。

 

ここまでは二人ともおおむね順調に育ってくれている。

いずれお互いしっかりサポートし合うだろう。

 

足りないところの多い私にとって、

この二本の矢は本当に心強い。

 

16年後の当社の100周年に向けて、

決して折れることのない矢に育て上げないといけない。

 

多くの時間を共にし、

価値観や人生観を共有して行きたいと思う。

 

親からの一方通行でなく、

彼らが興味を持っていることにも関心を持って行きたい。

 

彼らのスポーツの応援にも相当な時間をかけてきた。

 

一緒に映画を観たりカラオケに行ったりもする。

 

最近では丈生と酒も飲む。

 

 

家の中ではだらしない親父の姿も

敢えて見せるようにしている。

 

そして時には怒髪天を突くように叱責もする。

 

人間としての私を知ってほしいし、彼らのことも知りたい。

 

男の人生は仕事で決まる。

嫁がその次。

そして友。

 

ふじもと美誠堂は人間企業だ。

仕事大好きの不器用な者たちの集まりだ。

 

彼らの回りにもそんな者たちが集ってほしいと、

親バカ親父は思っている。 

 

みっち…今日は中学校のサッカーの試合に

助っ人で召集されたようだ…。

 

未知の世界で大いに暴れて来い。

 

丈生は今月帰省してくるようだ。

 

なにやら相談があるらしい。

 

 

 

親父の夢と悩みは尽きない…。