天使の部屋天使の部屋

お問い合わせ・ご相談
フリーダイヤル0120-21ふかい-0556まごころ

ご相談
資料請求
電話番号
社長のブログ

社長のブログ

2020/09/10

納棺フラワー

 

お柩の中をお好きなお花でお飾りするサービスが好評をいただいております。

 

 

 

ご会葬者にもご覧いただけるように、お棺のフタもアクリルの透明の物をご用意いたします。

 

 

 

ご葬儀のサービスがご会葬者向けから、故人様中心に変化して参りました。

 

↑お好みのお花や色合いもご指定いただけます。

 

 

アルテでは小さな葬儀社ならではの細やかなサービスを心掛けております。

 

 

 

 

 

 

ノエル

「ボクとおとうたんはお花畑の夢を見てるんだじょ…」

 

 

 

2020/09/10

トリロジー

 

私のワイン師匠からレアで高価なワインをプレゼントしていただきました。

 

 

いつ開けようかなあ…なかなか気軽にいけないシロモノです。

 

 

 

 

 

 

 

ノエル

「ボクでよければ…いつでもお相手しまするじょ…」

 

 

2020/09/09

「リチャード・ジュエル」

 

8月上旬…

 

 

怖ろしい暑さだったのでクラフトビールでクールダウンしました。

 

 

 

 

さらには泡モノ

 

 

 

きのこのソテー

 

 

オリーブとチーズのサラダ

 

 

シューシェフのメインはステーキサラダでした。

最近は脂身の少ない肉が好みです。

 

 

 

ノエちゃんのメインは「おいも」さんでした。

極小犬だからこれだけでいいんです。

 

 

 

そして食後のホームシアターは…

 

 

「リチャード・ジュエル」2019年/アメリカ/4.2点

 

 

 

クリント・イーストウッドがまたまた心に残る作品を世に送り出してくれました。

 

 

 

ファーストシーンはサム・ロックウェル演ずる中小企業庁のお偉いさんが、

電話で怒鳴っているところから始まります。

この人いつも怒ってる印象ですよね(笑)

 

 

 

主人公のリチャード・ジュエル(ポール・ウォルター・ハウザーが好演)はサム・ロックウェルの下で働く備品係です。

ジュエルはオデブでオタクでお人好しの好青年です。

 

 

 

このジュエルが警官に憧れ警備会社に務めるようになるんですが、

あのアトランタオリンピックで起こった爆弾テロ事件の犯人に仕立て上げられると言うお話です。

 

 

 

近年実話しか映画化しないイーストウッドですが、この作品もその一つです。

「ハドソン川の奇跡」と同じくヒーローから一転どん底に叩き落されるストーリーです。

 

 

 

アメリカの国家権力、マスコミは怖いですねえ。

日本も怖いけど…。

 

 

 

「ハドソン川の奇跡」は、叩かれる側にまだ国民の支持や社会的地位があったため、最後は何とかなるだろうなあと思えましたが、

この作品はただの一般庶民が標的にされたので緊迫感は「ハドソン川…」より上でした。

 

 

 

ハラハラ…ドキドキ…スカッとしたい方にお勧めの作品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ノエル

「キャシー・ベイツのおばちゃん…オスカー逃したんだね…どの人か知らないけど…」

 

2020/09/09

ドライフルーツ

 

ワインにもスコッチにも合いそうですな。

 

楽しみ 楽しみ。

 

 

 

 

 

ノエル

「ボクもそう思ってたところだじょ…どうせ食べられないけど…」

 

 

2020/09/09

暑中見舞い

 

中学時代の同級生からSNSを通して送られてきた暑中見舞い。

 

 

頭のいい人がいるものですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノエル

「ボクのおともだちも…頭のいい人ばかりだじょ…犬だけど…」

 

 

2020/09/08

週末のお楽しみ

 

このところ天気の良い週末は、

綾町にあるドッグランに行くのが恒例となっています。

 

 

 

準備の段階からノエちゃんはそれと気づき、

家の中をはしゃぎまわるんですよ。

 

 

 

エリア内には大きな木陰があり、芝生もゴルフ場並みに手入れされているので、

ワンちゃんたちの肉球にも優しいドッグランです。

 

 

 

さらにオーナーさんご夫婦を初め、利用される方皆さんが良い人ばかりなので、

私たちにとっても癒しの空間になっています。

 

 

 

 

 

 

そしてもうひとつのお楽しみはランチタイム。

 

最近は暑すぎて野外でのピクニックができないので、行きつけの定食屋さんに駆け込んでます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノエル

「そして…おうちに帰ったらぐったり…ご覧のありさまになるんだじょ…」

 

2020/09/08

「グランド・ブダペスト・ホテル」

 

クラフトビールはそれぞれ味わいが違って楽しいですね。

 

 

 

 

シューシェフ定番のカナッペ

 

 

カプレーゼ風サラダ

 

 

 

チーズ、サラミ、ドライフルーツ

 

 

 

アクアパッツァ/クラシルレシピ

 

 

 

いただきもののスプマンテ

 

 

 

ノエちゃんのディナー…お豆腐

 

 

食後のホームシアターは…

 

 

「グランド・ブダペスト・ホテル」2013年/アメリカ・ドイツ/4.0点

 

 

 

近来稀に見る豪華キャストでした。

 

 

 

ナチの圧政下にあるホテルが舞台となりますが、

三谷幸喜先生は多分にこの作品の影響を受けているのでは…と思ったりもします。

 

 

 

ストーリーは今では老紳士となったホテルのオーナーが、

駆け出しの頃仕えた伝説のコンシェルジュとの想い出を語るところで始まります。

 

 

 

笑いあり、ハラハラドキドキあり、涙ありの珠玉のエンターテイメントです。

 

 

 

次々と出てくるスターを追っかけるだけで99分があっという間に経ってしまいました。

 

 

 

週末にご家族そろってご覧ください。

 

 

 

 

 

 

ノエル

「脚本も良かったね…言葉解らないけど…」

 

2020/09/08

トレーニングおやこ

 

 

自分のトレーニングが終わったら…

 

 

 

 

 

このヒトのトレーニングにお付き合いしましたじょ…

 

 

2020/09/07

ソフトクリーム

 

この夏一番暑かった頃…

 

 

青島方面への営業があったのでフェニックスドライブインに立ち寄りアイスクリームを買いました。

 

 

ところがあまりの暑さで撮影中にダラダラ溶けだしたんですよ。

 

 

 

 

 

 

ノエル

「そして下でボクがベロを出して待っていたのであーる…うっそーーー」

 

2020/09/07

別れの風景 「有線放送」

 

アルテに有線放送を引いたことで、ご葬儀のBGMに困ることがなくなりました。

 

 

以前はCDやカセットテープが山と積まれた保管庫がありまして、

そこからふさわしい曲をあれあこれひっぱり出してきていたものです。

 

 

今ではチャネルを合わせるだけで選曲ができます。

また時にはSNSのサービスも利用しています。

 

 

便利な世の中になったものです。

 

 

アルテでは小さな葬儀社ならではのきめ細やかなサービスを心掛けています。

 

 

 

 

 

 

ノエル

「でも、生演奏には勝てないじょ…」

 

 

2020/09/07

先々週のランチ

 

◆(月)/シュー弁

この日はご葬儀、打合せ、ペット葬と激務の一日でした。

 

 

 

◆(火)/シュー弁

お客様訪問の途中に…

 

 

 

◆(水)/ざるそば/紀州屋さん

私が一人で食べたんじゃないですよ。

JC事務局会議のメンバーのランチです。

 

 

 

◆(木)/きむらラーメン

アルテ桜ヶ丘でのご葬儀を終えて行きました

 

 

 

◆(金)/シュー弁

葬儀とお通夜のすき間時間にいただきました

 

 

 

◆(土)/シュー弁

この日も2件の葬儀司会の合間にかきこみました

 

 

 

 

◆(日)/ざるそば

休日でしたので自宅でシュー様お手製のざるそばをいただきした

 

 

 

 

 

ノエル

「ホクもごはん完食だったじょ…ウインクだぁ…」

 

 

2020/09/06

「名もなき生涯」

8月上旬…

 

 

いつもの食卓風景

 

 

 

この日は手巻き寿司大会でした

 

 

食後のホームシアターは…

 

「名もなき生涯」2019年/ドイツ/3.0点

 

 

 

舞台は第2次世界大戦下のオーストリアです。

主人公のフランツは奥さんと娘と三人で暮らしてます。

絵にかいたような幸せ家族です。

 

 

 

ある日フランツはドイツ軍から召集を受け、

ヒトラーへの忠誠を誓うように命令されますが、頑として首を縦に振りません。

そしてとうとう収容所に入れられます。

 

 

 

やがて軍事裁判が開かれます。

情け深い裁判官(ドイツの名優ブルーノ・ガンツが演じてますが、これが遺作となりました)は、

「前言を撤回すれば無罪にしてやる」と情けをかけますがフランツはどうしても受け入れません。

 

 

 

その経緯を聞いた妻が村からかけつけます。

普通でしたら「あなた、家族のために忠誠を受け入れてください」と頼むところですが、

この嫁も変わり者で「自分の信念を大切にしてほしい」と言います。

 

お陰でフランツには「死刑」の判決が言い渡されます。

 

 

 

フランツの故郷の村では何事もなかったかのように、

妻が夫の両親と娘のために農作業をする姿が映し出されて映画は終わります。

 

 

 

重く、暗く、長く、疲れる映画でした。

フランツの頑固さ、身勝手さについて行けませんでした。

 

 

 

監督のテレンス・マリックは「シン・レッドライン」や「天国の日々」の名監督ですが、

きっと舞台となる村の美しい風景を描きたかったんでしょうね。

広大な平原の向こうに連なる山々の風景は息をのむほどの美しさですよ。

 

 

 

これは実話だそうですが、残された家族はいったいどうなったんでしょうかね。

 

 

 

落ち込んでる人は観ない方が身のためです。

 

 

 

 

 

 

ノエル

「ボクには少し退屈な作品だったじょ…観てないけど…」

 

2020/09/06

「あの日の声を探して」

 

この日もクラフトビールとシューシェフのお世話になりました。

 

 

 

桃のハム巻き

 

 

チキンのソテー

 

 

冷たく冷やした白ワイン

 

 

 

ホームシアターは…

 

「あの日の声を探して」2014年/フランス/4.0点

 

 

第2次チェチェン紛争の話です。

戦争の悲惨さを横軸に、チェチェンの少年と若きロシア兵の人生が同時進行で描かれています。

 

 

 

ハジ少年は両親をロシア兵から殺されたショックで口がきけなくなったものの、

まだ乳飲み子の妹を抱いて逃げます。

 

 

 

そんな少年を救ったのがEUに勤務するキャロルです。

少年はキャロルの優しさに触れて口が利けるようになります。

キャロルはハジを自分の養子にしようと決心しますが…。

 

 

 

一方、若きロシア兵コーリャは初めは気弱で上官からも仲間からもイジメにあいますが、

次第に冷酷な兵士に変貌していくところが怖いですねえ。

 

 

ハジ少年は次第に明るくなり、

コーリャは段々段々冷酷になっていく二人の対比も見どころのひとつです。

 

 

 

戦争の悲惨さと家族の絆を前面に押し出した佳作。

ミュージカル「アーティスト」でオスカーを手にしたミシェル・アザナヴィシウス監督が、

「俺だってこんなシリアスな映画も撮れるんだぞ」と言っているような作品でした。

 

 

 

ご家族そろってご覧ください。

 

 

 

 

 

ノエル

「ボク感じるけど…日本は平和でちゅね…」

 

2020/09/06

別れの風景 「オンライン葬儀」

 

 

帰省できないご親戚のためにオンラインで葬儀風景をお流ししました。

 

 

 

葬儀業界に対するコロナの影響とは、

「いつかこんな時代が来るだろうなあ」…

と思っていたことが5年~10年早まったと言うことではないでしょうか。

 

 

 

もう今までの経験に頼っているだけではお客様のニーズにお応えできません。

 

 

 

ビジネスモデルの再構築に急ピッチで取り組んでいます。

 

 

 

 

 

館内にはコロナ対策の啓発ビデオとポスターが展示されています。

 

 

受付にもシールドを設置しています。

 

アルテでは小さな葬儀社ならではの細やかなサービスを心掛けています。

 

 

 

 

 

ノエル

「おとうたん…とは言ってもフェイス・トゥ・フェイスが一番大事だじょ…にらめっこでもすっか…」

 

 

2020/09/05

スナック階段

 

近所のスーパーで買ったクラフトビール

 

 

 

 

 

サラダ

 

 

パエリア/シューシェフ作

 

 

猛暑だったので冷たーく冷した白ワイン

 

 

 

 

食後は「スナック階段」でカラオケタイム♬

 

エアコンがないので汗だくになりましたよ。

 

 

 

 

あまりに暑かったので「雪の華」を歌い涼みました 😯 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノエル

「おとうたん…近所迷惑と言うことも少しは考えるんだじょ…お隣空き家だけど…」

 

 

2020/09/05

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」

 

8月初旬…

 

 

エビスマイスターでキックオフ

 

 

 

おつまみ

 

 

カルパッチョがメイン

夜は軽めの食事にしています

 

 

 

ワインは微発泡でした

 

 

ホームシアターは…

 

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」2013年/アメリカ映画/3.8点

 

 

 

「ウルフ」の異名を持つ伝説の株式ブローカー・ジョーダン・ベルフォートをディカプリオが演じています。

 

 

 

ウォールストリートを舞台に稼ぎまくるジョーダン。

その浮き沈みの大きい人生を見ていると幸せとは一体何なのか…と考えさせられます。

 

 

 

年収45億円を手にするために心身のバランスを欠いて、ドラッグ浸りになってくジョーダン…文字通り冗談では済まないことになります。

 

 

 

共演のジョナ・ヒルは「マネー・ボール」に引き続きいい演技してますよ。

 

 

 

またセコイ官僚役の多いカイル・チャンドラーも、今回は庶民的で職務に忠実なFBI捜査官を忠実に演じています。

ぶっ飛んだヤツしか出て来ない本作において、唯一まともな人間です。

 

 

 

そしてマシュー・マコノヒーも登場シーンは少ないですが、

しっかり「マシュー・マコノヒー」ぶりを見せてくれてます。

 

 

 

それにしても監督のマーティン・スコセッシ…もう押しも押されぬハリウッドの大親分ですなあ☆

 

 

 

 

 

 

 

ノエル

「牢屋じゃないじょ…ポナミ先生の所のケージだじょ…」

 

 

 

2020/09/05

初盆参り

 

お盆の頃…あの日は暑かった…

 

社員と手分けしてお初盆のお客様宅をお参りしました。

 

 

 

 

 

 

 

ノエル

「そしてお仕事が終わったらお散歩に行ったのであーる…」

 

 

 

2020/09/04

ミッチー情報 「落日」

 

 

ミッチーよ…

 

 

日はまた昇るぞ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノエル

「落ち着いたら帰省して来るんだじょ…」

 

 

 

2020/09/04

お楽しみタイム

 

 

さあ 今宵はどれにしましょうかね…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノエル

「では…ボクは赤をいただきまちゅ…」

 

2020/09/04

第17回カズデミー賞

 

ノミネート作品のご紹介☆

 

 

 

◆「サウルの息子」3.4点

 

 

 

◆「ヴィンセントが教えてくれたこと」4.0点

 

 

 

◆「レクイエム・フォー・ドリーム」3.8点

 

 

 

◆「心と体と」4.0点

 

 

 

◆「パラサイト 半地下の家族」4.4点

 

 

 

◆「ダンケルク」4.0点

 

 

 

それではヒクカーの発表です

 

 

 

◆作品賞 「パラサイト 半地下の家族」

 

◆脚本賞 「パラサイト 半地下の家族」

 

◆監督賞 クリストファー・ノーラン「ダンケルク」

 

◆主演男優賞 ビル・マーレイ「ヴィンセントが教えてくれたこと」

 

◆主演女優賞 エレン・バースティン「レクイエム・フォー・ドリーム」

 

◆助演男優賞 ケネス・ブラナー「ダンケルク」

 

◆助演女優賞 ナオミ・ワッツ「ヴィンセントが教えてくれたこと」

 

 

※今回は4.0以上が4作品とレベルの高い大会となりましたが、

作品賞はアカデミー賞と同じ結果になりました。

 

 

 

 

 

ノエル

「やっぱ半地下おもちろいね…観たことないけど…」

お問い合わせ ホール・施設案内 プラン・料金 天使の部屋天使の部屋