社長のブログ

2020/11/24
「はじまりのうた」

 

10月×日

 

今や堂々と高級魚の仲間入りを果たした秋刀魚を味わう。

 

 

 

 

豚汁を少々。

秋刀魚の前では完全に脇役だ。

 

 

ホームシアターは「はじまりのうた」2013年/アメリカ映画

 

悩める男女が音楽を通して運命を切り拓いていくハートウォーミングな名作と言うふれ込みだったが、とうとう私はどこで感動すればいいのか、わからないままエンドロールを観ることになった。

 

おそらくはキーラ・ナイトレイと言うスター女優が、か細い声で歌い上げるところがポイントなのであろうが、残念にことに私はこの女優をよく知らなかった。

そういう意味では今の若い人にオードリー・ヘップバーンの歌う「ムーンリバー」を聴かせるようなものなのだろう。

 

本作は脚本にも難があった。

若い男女がくっつき離れるのは世の常であるが、だとしても恋愛の描き方が軽すぎるのである。

間口も奥行きも足りない。

苦悩や憂患の表現が浅く、登場人物が波の上をプカプカ浮いている感じだ。

一度はまったら二度と浮かび上がることのできない、海溝のような恋もある。

出くわしたら呑み込まれてしまうような高波もあるばすだが…。

 

脇役であるはずの音楽が主役たちを完全に凌駕していた。

それほどアダム・レヴィーンを初めとするミュージシャンたちは秀逸であった。

 

主演のマーク・ラファロは相変わらず鼻歌交じりの演技でこれはこれで良し。

 

観ながらなめたスペサイドのシングルモルトが旨かった。

 

ちなみに私がカラオケでマイ・ウエイを唄ったらみんな帰っていく。

それは「おわりのうた」なのだ。

 

 

 

 

 

3.0点

二男・ミッチーにみせてあげたい作品。

 

 

 

 

 

 

 

ノエル

「ボクたちもバンド組むことにしまちた…」