社長のブログ

2020/11/19
「奇蹟がくれた数式」

 

10月×日

 

この日は和食メニュー。

 

サンマが売り切れてたということで小骨の多い白身魚、豚汁などでビール2缶。

 

 

 

 

ホームシアターは「奇蹟がくれた数式」2015年のイギリス映画。

 

 

この作品は実話である。

国籍も身分も宗教も年齢も越えて、学問で結ばれた男同士の物語が情感たっぷりに描かれている。

 

 

ラマヌジャンはインドの小村マドラスで暮らしていたが、

数学の才が認められ英国ケンブリッジ大学に論文を送る。

そしてその論文が教授のハーディの目にとまり、ケンブリッジに招かれる。

 

 

時は第一次世界大戦前夜であり、人種差別の壁が高く、ぶ厚く立ちふさがっており、

ハーディとラマヌジャンはいわれなき弾圧に苦しむのである。

 

ラマヌジャンに扮するのが「スラムドッグ・ミリオネヤ」などで世界的名声を手にしているデブ・パテル。

彼は少年から青年へと成長し、確かな演技力で天才数学者を見事に演じ切っていた。

 

そのラマヌジャンを支援する教授ハーディ役は名優ジェレミー・アイアンズが受け持った。

彼は武骨で社交性の欠落した、学問だけがよりどころの学者だが、

それだけにラマヌジャンの才能に天才の萌芽を見出し、立ちはだかる権威に立ち向かう。

ちょうどマスコミや野党が「学術会議」の件であれこれとかまびすしくしているため、

彼らの労苦がより現実味を持って伝わってきた。

 

 

監督マシュー・ブラウンの演出、詩的な台詞の数々、巧みなカメラワーク、

英国映画の芸術性をいかんなく堪能できる佳作であった。

 

ハーディは言う。

「愛情の問題については、それを決定づける証明も法則もない。それだけは確かだ」。

 

「いい友人になれなくて済まなかった」。

 

4.0点

 

私は妻に言った。

「いい夫になれなくて済まなかった」と…。

そしてこういう答えが返ってきた。

「今さらなんね?」。

 

秋冷が少し増してきたようだ。

 

 

 

 

 

ノエル

「パチョコンで数式を勉強したじょ…」