社長のブログ

2020/11/15
「裁かれるは善人のみ」

 

10月×日

 

この夜はグルテンフリーの焼きビーフンと白身魚の西京焼きでクラフトビールを2缶開ける。

 

 

 

 

 

ホームシアターは「裁かれるは善人のみ」2014年/ロシア映画。

 

 

ロシアの公的機関がこの映画の通りなら、あきれてものが言えない。

国交正常化など夢のまた夢だ。

 

 

舞台となるのはロシア北部の貧しい漁村。

悪徳市長が住民に立ち退きを命ずる。

この市長の手口たるや、そこいらのマフィアよりタチが悪いのである。

 

 

希望を失った漁民たちの笑顔のない日々が続く。

港の背後には丘陵地帯の眺望が広がり、目の前には黒い海が波を立ててうねっている。

暗く寒い町だ。

 

 

市長の横暴で家族を失った少年が海辺に行く。

そこで彼が見たものは巨大な海洋生物の骨だった。

ここはもはや魚はおろか、人の住むところではなくなっていた。

 

 

観後、私はこの脚本にひとひねり加えたくなった。

ヒントは松本清張の「天城越え」にある。

もし事件の犯人をあの作品のようにしていたら、

この映画は上質な人間ドラマであり、かつ出来栄えのいいサスペンスにも昇華したことだろう。

 

 

主演を任されたアレクセイ・セレブリコブは水のようにウォッカをあおり、そして酔いつぶれるが、

鬼気迫る様はとても演技とは思えないほどの迫力であった。

監督のアンドレイ・ズビャギンツェフの鋭利な感性が光を放った佳作だ。

 

 

ちなみに私はこれから妻に裁かれるところだ…。

 

4.0点

 

 

 

 

 

 

 

ノエル

「大きなポネだったねえ…」