天使の部屋天使の部屋

お問い合わせ・ご相談
フリーダイヤル0120-21ふかい-0556まごころ

ご相談
資料請求
電話番号
社長のブログ

社長のブログ

2020/11/14

「手紙は憶えている」

 

10月✕日

 

白身魚の西京焼きでクラフトビール2缶ほど。

 

 

 

ホームシアターは「手紙は憶えている」2015年/カナダ・ドイツ映画。

 

 

アイラモルトを舐めながら、実によく練られたサスペンスを堪能した。

主役陣の平均年齢が83歳だからと言って、この作品は老齢俳優の在庫処分市では断じてない。

むしろ歳を重ねていることに大きな意味を持つ作品なのだ。

 

 

クリストファー・プラマーが淡々と演じるゼブは認知症施設に入っている。

彼は同じ入所者のマックス(マーティン・ランドー好演)のすすめもあって、

嘗てアウシュビッツ収容所で家族を塵殺した、看守「ルディ・コランダー」への復讐の旅に出るのである。

 

 

ところが調べていくうちに「ルディ・コランダー」なる人物が4人いることがわかる。

ひとりずつ丹念に探し出していくのだが、最後にはとてつもない驚愕の事実に行き当たるのである。

 

 

久しぶりにスカッとだまされて、サスペンス映画の醍醐味を味わった

 

 

クリストファー・プラマー86歳。マーティン・ランドー87歳。ブルーノ・ガンツ74歳。

いずれも熟練工の技を見せてくれた(その後ふたりは鬼籍に入る)。

 

 

脚本もさることながら、役者の演技力に観客は引き込まれる。

監督のアトム・エゴヤンとは初対面だったが、上品なサスペンスのかけ方は私を大いに満足させてくれた。

 

 

観終わったあと、秋風の爽籟(そうらい)が心地よい夜と知った。

小さなホームシアターも居心地のいいものだ。

 

 

4.0点

 

 

 

 

 

 

ノエル

「おとうたん…そろそろ毛布を出そうかにい…」

 

 

お問い合わせ ホール・施設案内 プラン・料金 天使の部屋天使の部屋