社長のブログ

2020/11/07
「きっと、うまくいく」

10月✕日

 

 

この日はシュー様による仕出し屋さん風夕ごはんでビール2缶。

 

 

 

ホームシアターは「きっと、うまくいく」2009年/インド映画。

 

 

本気でひとに薦めたくなる映画である。

間違いなくインド映画界の金字塔にして、快作であり、名作である。

映画大国インドのポリウッドが世界映画界の頂に旗を立てた作品。

 

 

舞台はインドのエリート私立大学で、超ワンマンの学長が君臨している。

そこに三人の問題児が入学してくる。

 

 

カメラは3時間近くに亘り、この三人のキャンパスライフをユーモラスに、かつ丹念に映し出すわけだが、

ひとつひとつの挿話のクオリティが高く心にしみわたるのである。

 

 

授業中教授をやり込めるランチョー。

寝たきりの父親を抱え、家族の希望を一身に背負っているラージュー。

横暴な父親の命に逆らえないファラン。

ここに学長の美娘ピアもからんできて、映画は笑いと涙、歌と踊りのエンタテイメント、

さらにはサスペンスも加わり、そして最後には夢と希望を与えてくれるわけだから、

誰が観ても楽しめるし、私自身の満足度はK点越えであった。

それにしても、ラストの爽快感たるや近来稀にみるものであった。

 

 

主演の三人組は撮影当時30~44歳であり、

ダイエットなど涙ぐましい努力を積んで学生役を作ったそうな。

 

公開時、インド映画史上最高の興行収入を上げたが、

数年後、同じ監督(ラージクマール・ヒラニ)、同じ主演(アーミル・カーン)の作品「PK」が記録を塗り替えたと知り、

早速予約リストに入れてしまった。

 

 

スピルバーグは語った。「最低3回は観てしまうほど大好き」。

このコメントがこの作品のすべてを語っている。

 

 

主役のアーミル・カーンはインド映画界ではすでに巨人であり、

監督・脚本をこなしたラージクマール・ヒラニは、

これからインド映画界をアーミル・カーンとともに引っ張っていくことになるであろう。

 

 

この作品に巡り合えて、私は幸せだった。

 

 

そして…私と妻との関係も…「もっと、うまくいく」ことを願ってやまない…。

 

4.4点 💡 💡 💡 💡 

 

 

 

 

 

 

 

ノエル

「おとうたん……おかあたんとはうまくいってるほうだじょ…」