社長のブログ

2020/10/28
「みかんの丘」

 

9月✕日

 

 

この日は中華メニュー。

 

グルテンフリーの焼きビーフンとシウマイで旨いビールを飲む。

 

 

 

ホームシアターは…

 

 

「みかんの丘」2013年/エストニア、ジョージア映画

 

 

日本人には馴染みが薄いが、エストニアとジョージアの紛争が舞台。

 

 

監督、俳優ともに初対面の人ばかり。

イヴォ(レンビット・ウルフサク演)はみかん箱を作る初老の木工職人。

息子を紛争で亡くし、ほかの家族は祖国エストニアへ移住した。

しかし、彼だけが紛争地帯にとどまっている。

 

 

 

隣にはみかん栽培をするミルゴスが住んでいる。

イヴォにとって彼だけが友人だ。

 

 

 

ある日、近所で銃撃戦があり、チェチェン兵とジョージア兵と言う、

敵対する者同士を同時にかくまうことになる。

 

 

 

家の中では兵士二人の諍いが絶えない。

なんとか二人の間を取り持と言うとするイヴォであったが…。

 

 

 

危険な土地に固執し、そこを離れないイヴォの本心はどこにあるのか…。

息子を失った時、彼の人生も終わっていたのかもしれない…などと勝手に憶断してみる。

人間と言う生き物の本質をえぐり出す、酸味の効き過ぎたみかんのような作品だった。

 

3.4点

 

 

 

 

 

 

ノエル

「ペットのウエブサイトによると…ボクはみかんを食べたらいけないんだって…」

 

 

 

明日10月29日(木)あさ9時55分からのMRTテレビ「朝トク」に私・藤元が出演します。

テーマは「アルテの新しい葬儀プラン」です。

是非ご覧くださいませ。