社長のブログ

2020/10/25
「コードネーム U.N.C.L.E」

9月✕日

 

 

鰯の煮つけ

 

 

つみれとゴーヤの炒めもの

 

 

 

取り合わせは悪いけどベルギービールを飲む

 

 

ホームシアターでは…

 

 

2015年の英国映画「コードネーム U.N.C.L.E」を観る。

 

 

 

実にスタイリッシュな英国スパイアクションだった。

原作は懐かしいTVドラマシリーズの「ナポレオン・ソロ」。

 

 

 

「007シリーズ」や「ミッション・インポッシブルシリーズ」ほど予算をかけてはいないが、

1960年代のレトロ感満載で、米ソ冷戦時代の風味が漂っていた。

このあたりは監督ガイ・リッチーの職人技の見せ場である。

 

 

 

主役のナポレオン・ソロを演ずるはヘンリー・カヴィル。

ジェームズ・ボンド役の候補にも挙がったと言われるが、

ぜひ彼のボンド役も観て見たいと思わせるような好演であった。

 

 

 

またクリアキンに扮したアーミー・ハマーだが、ソロよりも内面の苦悩が色濃く描かれ、

さぞかし演りがいがあったことだろう。

 

 

 

ヒュー・グラントも英国諜報部員役で久しぶりに顔を覗かせてくれた。

嘗ての甘いマスクに渋みと言うエッセンスが加わり、

往年のロバート・ワグナー、はたまた竹脇無我というていであった。

 

 

 

惜しむらくは主演女優のマリシア・ヴィカンダーのところに、

あと幾分かでも色気を足せば申し分なかった。

彼女は清楚過ぎた。

 

 

 

BGMは60年代の懐かしいナンバーがスクリーンから放たれ、

私を大いに興奮させてくれた。

 

 

 

続編のリクエストがかなりの数寄せられているそうだが、

むべなるかなである。

 

3.8点

 

 

 

 

 

 

ノエル

「ボクもスパイみたいに命がけで背中をかいてるじょ…」