社長のブログ

2020/10/24
「フルートベール駅で」

9月✕日

 

鮪の山かけとゴーヤでビールを飲む。

 

 

生ハムとグレープフルーツのサラダ

 

 

グルテンフリーの餃子の皮を使った和風ピザ(クラシル)

 

 

ドイツビール

 

 

白ワイン

 

 

早々に食事を済ませシアタールームへ…と言ってもテレビの前にソファーがあるだけだが…

 

 

 

この夜は2013年公開のアメリカ映画「フルートーベール駅で」を観る。

 

 

 

この作品は2009年、カリフォルニア州オークランドで実際に起こった事件が題材となっている。

 

 

 

主人公のオスカー(マイケル・B・ジョーダン演)は23歳の黒人青年。

妻と娘に恵まれているが、定職に就くことができず、妻が家計を支えている。

 

 

 

オスカーはもやもやした気分の中で、年越しのカウントダウン祭りをすることになり、

黒人仲間たちとサンフランシスコに足を延ばした。

そして、フルートベール駅で些細なことが原因でいざこざが起こり、

それが大きな事件へと発展してしまう。

 

 

 

笑顔の魅力的な妻役のメロニー・ディアス、母親を演ずるオスカー女優・オクタヴィア・スペンサーらが、

若き主人公をしっかり支えている。

 

 

 

監督は黒人のライアン・クーグラー。

当時はまだ映画学校の学生だったらしいが、この事件に注目し、映画化を決断。

オスカーの一日半を90分の作品にまとめあげた。

 

 

 

製作費はフォレスト・ウィテカーが経営する制作会社や、

オクタヴィア・スペンサーの個人出資に頼るなどインデペンデンス的映画作りとなっている。

気になる興行収益は、出資額にあまりあるものがあったと言う。

 

 

 

できることなら、キャスリン・ビグローやクリント・イーストウッドにメガホンを取らせたかったと言ったら、

本作の当事者たちに失礼だろうか…。

 

 

3.4点

 

 

 

 

 

ノエル

「おとうたん…夜の地下鉄は危ないからボクの車で移動しようね…宮崎地下鉄ないけど…」