社長のブログ

2020/10/22
「アイ、トーニャ」

9月✕日

 

9月も半ばを過ぎ、残暑にも翳りが見え始めた頃。

 

グルテンフリーのとんぺい焼き(クラシル)でクラフトビールを飲む

 

 

 

この夜は「アイ、トーニャ」(2017年/アメリカ映画)を観る。

 

 

 

これはいい意味で期待を裏切ってくれた。佳作だった。

題材はフュギュアスケート界を舞台にした有名なスキャンダル事件。

私はリアルタイムで海外のニュースを観ていたものだ。

 

 

 

トーニャ・ハーディングはアイススケーター。

技術点は高いが芸術性に欠けている。

その原因は生い立ちにあった。

 

 

 

なんせ母親が蓮っ葉な毒親である。

単なるステージママとは異なり、自分の欲のために、トーニャを束縛し、罵詈雑言を浴びせ、虐待の限りを尽くす。

演ずるはアリソン・ジャネイ。憎々しく、毒々しい母親役でオスカーを手にした。

もちろんヒクカーでも有力候補である。

 

 

 

トーニャに扮したマーゴット・ロビーは見直した。

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」を見る限りは、

お色気を前面に出したビジュアル系女優だと思っていたが、本作では隠し持っていた演技力をいかんなく発揮し、

性格俳優としての評価を勝ち得た。

またスケートシーンも一部は自分で滑ったと言う。

その労苦に対し「シャロン・ストーンの再来」と言う称号を私は与えることにした。

 

 

 

またポール・ウォルターが間の抜けた悪役で楽しませてくれる。

この人とジョナ・ヒルはアメリカ映画には欠かせない薬味になった。

 

 

 

それにしてもこの母娘…悲しいね…。

 

4.0点 💡 

 

 

 

 

 

ノエル

「ボクもお散歩で足腰を鍛えているんだじょ…」