社長のブログ

2020/10/16
「オンリー・ザ・ブレイブ」

 

9月✕日

 

カナッペ、ツナのサラダ、チーズ盛り合せ、サラミ、アーモンドでクラフトビールを飲む。

 

 

さらに調子が出てワイン、スコッチと進み、おぼつかない足取りで二階のシアタールームにたどり着く。

 

 

 

 

 

 

 

この夜の作品は「オンリー・ザ・ブレイブ」2017年/アメリカ映画/3.4点

 

 

 

ほろ酔い加減でも十分鑑賞できる娯楽アクション。

 

 

海外のニュースで大規模な山林火災を目にすることがあるが、

「ホットショット」と呼ばれる専門部隊があることを初めて知った。

この映画は彼らが主役であり、実話である。

 

 

「ホットショット」の隊長役で貫禄を示していたのがジョシュ・ブローリン。

襲い来る炎を前にひるまない姿は、「タワーリング・インフェルノ」のスティーブ・マックイーンを彷彿とさせた。

 

 

山火事は思わぬ広がりを見せ、遂には人命に手をかける。

犠牲になるだろうと思った男が生き残り、その対面に位置していたものが犠牲になろうとは、

実話とは思えない驚きの展開を見せた。

 

 

隊長の妻役はジェニファー・コネリー。

もともとあまり好きな女優ではないが、この作品でも癇癪持ちの気性の荒い女を演じている。

消防隊の夫でも鎮火に手こずっていた。山火事よりも怖い奥さんだった。

 

 

脚本は映像よりもストーリーに重きを置いていたが、

もう少し炎の恐怖を押し出しても良かったと思う。

 

 

 

 

 

 

 

ノエル

「おとうたんの残したワインは…ボクが引き受けまちた…お酒飲めないけど…」