社長のブログ

2020/10/15
「ダージリン急行」

 

9月✕日 

 

ロールサンドと鶏のから揚げでクラフトビールを飲む。

 

 

 

ゆうはんが済むと階段を駆け上がりシアタールーム直行。

 

 

 

この日は「ダージリン急行」2007年/アメリカ映画/3.2点

 

 

おなじみ監督ウェス・アンダーソン一座が集結し、学園祭風のノリで作ったコメディ映画。

 

 

 

ストーリーの展開は目まぐるしい。父親の死をきっかけに、離れ離れになっていた三兄弟が集まり、

子どもの頃に生き別れになっていた母親に会うために、インド中を旅してまわると言う物語である。

 

 

 

それにしてもこの監督の作品の色彩はいつも秀逸だ。

本作ではターコイズブルーが私の目を奪った。

 

 

 

さらにどのような力学が働くのか、毎回オールスターキャストがラインナップに並ぶのには感心する。

三兄弟は、オーウェン・ウイルソンを長兄に、エイドリアン・ブロディ、ジェイソン・シュワルツマンと来て、

母親役はアンジェリカ・ヒューストン。

彼女は「アダムス・ファミリー」以来久々の再会となったが、よい年の重ね方をしていて、堂々たる古木の佇まいを魅せてくれた。

 

 

 

また、ビル・マーレイ、ナタリー・ポートマンと言う一騎当千のつわものたちを、

エキストラ風に使うと言う実に贅沢な仕上がりは、一流料亭の箱膳の如き趣きであった。

 

 

 

エンドロールを見ていたら、制作者の中にコッポラの息子の名を発見。

多才な一族だ。

 

 

 

 

 

 

 

ノエル

「おとうたん…急行列車もいいけど…ボクの運転でドライブするじょ…」