社長のブログ

2020/10/12
「めぐりあう日」

 

9月✕日

 

グルテンフリーの冷やし中華でクラフトビールを飲んだ。

今年最初で最後の冷やし中華。

関西ではマヨネーズをかけて食べる流儀もあるのである。

 

 

 

 

 

わが家のシアタールームで…

 

「めぐりあう日」2015年/フランス/3.0点を観る。

 

 

幼い頃に自分を捨てた母親を、中年にさしかかろうとする女・エリザが探し求めると言う話。

 

 

私はこの韓国の女流監督の演出は楽しめなかった。

特に脚本が現実離れしているところが気になった。母娘の出会いが偶然にしてもあまりにも出来過ぎの感あり。

 

 

また、異様なほどの露出シーンの多さはなんとかならなかったものか。

不必要と思える女性同士の肌の絡み合いなど、何を表現したかったのか不明?

内気な私は思わず画面から後ずさりしてしまった。

 

 

ただし娘役のセリーヌ・サレットと母親役のアンヌ・ブノワは、抑制の効いた演技で、映画を落ち着かせてくれた。

 

 

みなさんもこの作品に「めぐりあう日」が来るかもしれないが、パートナーやこどもと一緒に観ることはお勧めできない。

 

 

妄想タイトル

「狂気の愛」…作品の中に頻繁に出てくる詩のタイトルである。

 

 

 

 

 

 

 

 

ノエル

「ボクはおとうたんとめぐりあってよかったじょ…」