社長のブログ

2020/10/09
「ローズの秘密の頁」

 

9月✕日

 

 

ロング缶のクラフトビールに挑戦してみました。

 

飲みごたえありましたよ。

 

 

 

 

 

生ハムのメロン巻き

 

 

 

カニカマと卵のサラダ

 

 

 

 

アンチョビ、海老、オリーブなどを乗せたカナッペ

夕飯はこの程度に止めています。

お陰で体重も60~61㎏の間をウロウロ…欲を言えばあと2キロほど落としたい所ではありますが、

なんせ水を飲んでも太る体質なのでこのへんにしておきます。

 

 

 

 

さて、食後のホームシアターは…

 

「ローズ秘密の頁」2016年/アイルランド映画/3.6点

 

 

ローズ(ルーニー・マーラーが熱演)と言う女が、戦争と、ひとりの冷酷で自己中心的な神父のために人生をズタズタにされると言う物語。

とにかくこの神父の身勝手さは噴飯ものです。

 

 

主役を張るルーニー・マーラーは凄い女優に成長し、堂々たる一枚看板の輝きを放ち続けます。

「ドラゴン・タトゥーの女」でその実力は折り紙つきでしたが、本作でも陰影のある複雑な役を見事に演じ切っています。

ジェニファー・ローレンスと並んで演技派女優の双璧と言えましょう。

 

 

一方、年老いたローズを演ずるヴァネッサ・レッドグレイヴは身体の大きさが災いして、

老人の枯れ枝のような佇まいが表現できませんね。

身振り手振りが大きいので、どうしてもわざとらしく見えてしまいます。

若い頃は背筋がピンと張っていて、実にエレガントな女優でした。

 

 

 

妄想タイトル

「洞窟は知っている」ですとすぐにストーリーが思い出されます。

 

 

 

 

 

 

 

ノエル

「ローズはかわいそうでちたね…観てないけど…」