社長のブログ

2020/10/04
「グラディエーター」

 

9月✕日

 

 

まだまだ残暑が厳しかったので、あっさりした夕飯をリクエストしました。

 

 

フルーツや生ハムのサラダ

 

 

例によってカナッペ

 

 

スペインのワイン

 

 

ホームシアターは「グラディエーター」2000年/アメリカ/4.4点 💡 

 

 

ラッセル・クロウ主演の歴史大作がオスカーを独占した話は聞いておりましたが、

これほどスケールが大きく、更に引き込まれるとは思ってもみませんでした。

 

 

製作されて20年が経ってますが、

全く色褪せしないリドリー・スコット監督全盛期の大傑作でした。

 

 

今や嫌なヤツを演じさせたら右に出る者がいないホアキン・フェニックスがこの作品でブレイク。

確かに映画史に残る性格の悪い男を演じ切ってます。

 

 

脇を固める俳優陣も達者揃い。

コニー・ニールセンの美貌、男気を見せたオリヴァー・リードはこれが遺作になりました。

またかつてのアクションスター、リチャード・ハリスが老齢の皇帝の落日を見せてくれます。

 

 

ちなみに「グラディエーター」とは「剣闘士」のことで、

この作品の中で重要な意味を持っています。

 

 

2時間があっという間に過ぎました。

お見逃しの方は是非一度ご覧あれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ノエル

「おとうたん…いつまでカラオケやってんの?…」