社長のブログ

2020/09/29
「ラッキー」

8月✕日

 

 

アルテ桜ヶ丘での通夜司会を終えて帰宅。

 

 

 

夕はんは……

 

ピンチョス

 

 

 

スパニッシュオムレツ

ケチャップをかけようかと思いましたが、いい具合に下味ついていたのでこのままでいただきました。

 

 

 

フランス・ロワール地方の赤ワイン。

ピノ・ノワールというブドウの品種です。

 

 

 

この夜は「ラッキー」2017年/アメリカ映画/3.8点。

 

 

 

主人公のラッキー(演ハリー・ディーン・スタントンの遺作)は90歳。

偏屈で孤独な老人です。

 

 

ラッキーは毎日お昼は近所のグリル、夜はBarで過ごします。

 

 

 

この映画はそれらの店に集まる人たちが、

それぞれ抱える人生の問題にスポットライトを当てています。

 

 

 

人間嫌いだったラッキーが、初めて他人の集いに参加し賞賛を受けたり、

グリルのウエトレスに心情を吐露するなど、

様々な出来事が重なって、本気で自分の終焉を考えるようになります。

 

 

 

ちなみに映画監督のデヴィッド・リンチが、

Barの常連客役で出演しており異彩を放っておりました。

 

 

 

見終わって、しみじみと人生を考えさせてくれる良作です。

私も人生の下山を考える年齢になってきました。

 

 

 

「家族そろってOK」印です☆

 

 

 

 

 

 

 

ノエル

「おとうたんが途中で寝るから巻き戻すのが大変だったじょ…」