社長のブログ

2020/09/27
「500ページの夢の束」

8月✕日

 

まだまだ残暑厳しき折でございました。

 

 

 

 

メロンの生ハム巻き

 

 

 

 

鯛のカルパッチョ

 

 

 

 

グルテンフリーの餃子の皮をベースにした和風ピザです

 

 

 

 

クラフトビール→ワイン→ホームシアターと続きます

 

 

この夜の作品は…

 

 

「500ページの夢の束」/2017年/アメリカ映画/3.6点

 

 

 

すっかり成長したダコタ・ファニングが自閉症の娘・ウェンディを演じ切ってます。

 

 

ウェンディは「スタートレック」オタクで知らないことはありません。

ある日、「スタートレック」のシナリオ募集の広告を見て、施設を抜け出しハリウッドを目指すと言う筋立てです。

 

 

「スタートレック」ファンには応えられないだろうエピソード連発で、

私にゃちょっとついて行けない時間帯もありました。

 

 

ウェンディは色んな経験をしますが、善人と悪人がわかりやすすぎて、

少し薄っぺらい印象も残ります。

 

 

ちなみに「スタートレック」には多民族が出ていて、

スポック船長に至っては自閉症と言う話もあります。

このあたりが全世界で受け入れられた理由かもしれませんね。

 

 

とにかく前向きなウェンディに引っ張られ、

見る方も明るい気持ちにさせてくれる良作です。

 

 

家族そろってご覧になってOKです!

 

 

 

 

 

 

 

 

ノエル

「チワワがとってもいい役割を演じていたじょ…PART2の時はエントリーしてみるじょ…」