社長のブログ

2020/09/22
「プルートで朝食を」

 

8月✕日

 

 

今年の夏の暑さは異常でしたね。

特に傾き始めてからの西日の強さには参りました。

 

 

 

 

この頃はシューシェフの夕飯も軽めにしてもらいました。

 

夏野菜のサラダ

 

 

カナッペ

アボカド エビ 生ハム チーズ グレープフルーツ オリーブなどを乗せて。

 

 

腹ごしらえが済むとホームシアター

 

 

 

この日は「プルートで朝食を」2005年/アイルランド映画/3.8点

 

 

 

ひと昔前ならキワモノ扱いされるような作品が、当たり前に作られる時代になりました。

これもそのひとつで、主人公のキトゥンは不貞の末産み落とされた上、性同一性障害を持ち、あげくに捨て子にされます。

 

 

 

当然人生の行く手にはありとあらゆる障壁が高くそびえますが、

決して屈せず、生き別れになった母親を捜し続けます。

 

 

 

「捨てる神あれば、拾う神あり」を地で行くようなキトゥンの人生。

色んな出会いと別れが繰り返されます。

 

 

 

終盤、あるところで父親と巡り合い、自分の出自のすべてが明かされます。

そして、父親から母の居場所を聞き出し訪ねて行きます。

 

 

 

毎日毎日探し求めていた母がそのときどんな態度をとるか…

それがこの映画のクライマックスになります。

 

 

 

性障害を持つと言う難しい役をキリアン・マーフィが熱演してますが、

見た目はいいとして、声がちょっと気になりました…。

 

 

 

そしてリーアム・ニーソンとエヴァ・バーシッスルが脇を固めています。

 

 

 

ニール・ジョーダンの演出と脚本も平均を上回る力作でした。

 

 

 

 

 

 

ノエル

「こういう映画は、こどものボクは遠慮しときまちゅ…」