社長のブログ

2020/09/17
「アイヒマン・ショー」

 

8月✕日

 

 

お通夜の司会を終えて大急ぎで帰宅。

翌日の仕事の準備もあるので早いとこ映画を観なくては。

 

 

 

魚翔の刺身は新鮮で身もぷりぷりしていてかなりの偏差値です。

 

 

 

それではシアタールームへ…

 

 

 

「アイヒマン・ショー 歴史を映した男たち」2015年/イギリス/☆☆☆3.2

 

 

 

ユダヤ人殺戮の実質的な主導者だったアイヒマン。

その男が裁判にかけられる様を描いた社会派ドラマ。

 

 

 

歴史の裏にはこのようなドラマがあったのかと勉強にはなったけど、映画的には盛り上がりに欠けましたね。

もう少しアイヒマンを告発する側の身の危険や心の葛藤を表現してほしかった。

 

 

 

またユダヤ人が虐待を受けるシーンをドキュメンタリー映像に頼り過ぎでした。

ニュース映画を観ているようでしたね。

 

 

 

なんとなく話に深みが出て来ないなあ…と思っていたら監督さんが「アンコール‼」と同じ人と知って思わず納得!

 

 

 

クライマックスが弱わく、サラ~っと流れていく感じかな。

 

 

 

いまさら「アイヒマン」から「相すまん」とあやまられてもそれで済む話ではございません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノエル

「おとうたん…〆はダジャレかよ…」