社長のブログ

2020/09/16
「山本周五郎」

 

床に入ると肩の凝らない本を手にします。

主に「松本清張」や「山本周五郎」など。

 

 

この本はその中でも読みやすい一冊でした。

初期の頃に書かれた少年向けの大活劇や、

珍しい現代物が掲載された短編集。

 

 

山本周五郎の違う一面に触れることのできる貴重な一冊です。

 

 

 

 

 

 

 

ノエル

「愉快な作品ばかりだったじょ…字読めないけど…」