社長のブログ

2020/09/01
「ヴィンセントが教えてくれたこと」

 

この日のシューシェフは…

 

 

ゴーヤ

 

 

 

冷し中華風サラダ…麺なしちゅーことですね。

 

 

 

マグロの漬け

 

 

 

↓コチラはノエちゃんの豆腐

 

 

ホームシアターは

 

「ヴィンセントが教えてくれたこと」2014年/アメリカ映画/4.0点

 

 

 

ややもすると重くなりがちな作品が、

ビル・マーレイの軽妙な演技のお陰で上質なコメディに仕上がっています。

 

 

 

ビル・マーレイ演じるヴィンセントは一人暮らしの貧しく、頑固なおじいさんです。

 

 

 

ベトナム戦争で武勲を立てたものの、

生活に行き詰まり、おまけに認知症の奥さんを高級施設に預けています。

 

 

 

そんな中、隣にシングルマザーの親子が越してきました。

最初は気難しいヴィンセントとの間でトラブルが発生しますが、

次第にヴィンセントと少年の心が通じ合い、実にいい関係になっていくんですねえ。

 

 

 

ヴィンセントが少年に喧嘩の仕方や商売女の存在、競馬、酒場など、

学校では知りえないことを父親のように教えてあげます。

少年はますますヴィンセントが好きになります。

でも母親はカンカンです。

 

 

 

その頃、妻の高級老人施設の家賃がたまって退去命令が出ます。

ヴィンセントはサラ金に手を出したため、取立人に殴られて脳卒中をおこし入院します。

 

 

 

ヴィンセントがリハビリに励む中、妻が一人で死んでいきます。

 

 

 

それからは娼婦のダカ(ナオミ・ワッツが好演)がヴィンセントの世話をしてくれます。

彼女も寂しい女でした。

 

 

 

ある日少年が学校の弁論大会でヴィンセントとの出会いをテーマにスピーチをすると万雷の拍手に包まれます。

アメリカ映画はスピーチの場面上手ですね(「セント・オブ・ウーマン」なんか思い出されます…)。

ひさしぶりジーン…ウルウル…ときました。

 

 

 

更にラストシーンも良いんですよ。

 

 

 

ハリウッド映画のいいところがいっぱい出た作品でした。

 

 

 

 

 

 

 

ノエル

「ボクもおとうたんから色んなことを教えてもらってるじょ…指のなめ方とか…」