社長のブログ

2020/08/18
「判決、ふたつの希望」

 

 

この日のシューシェフ料理はとんぺい焼きでした。

 

 

 

 

ホームシアターは

 

「判決、ふたつの希望」2017年/レバノン映画

 

 

トニとヤセルは工事現場でのささいなトラブルが原因で掴み合いの喧嘩をします。

やがてもめごとはエスカレートし法廷に持ち込まれるんです。

 

 

更にそれが人種差別問題へと発展し大臣が乗り出すほどの大事件になってしまうんですね。

 

 

このあたりはレバノンが抱えるパレスチナ人の移民問題が暗い影を落としています。

異なる人種、宗教が絡み合い紛争のタネは尽きません。

 

 

法廷では偶然にも双方が選んだ弁護士が父と娘で、

親子対決と言う二段重ねの火種が勃発します。

 

 

まあ法廷劇なので結末を言うのは控えますが、

世界が多様化してきて、今までの価値観が通用しなくなっています。

 

 

こういう中東事情を見るにつけ、日本は本当に恵まれてると思う次第です。

 

なかなか見ごたえありますよ 3.6点

 

 

 

 

 

ノエル

「ボクのドッグランでも犬種問題が深刻なんだ…トイプー族の攻勢が続いてるじょ…」