社長のブログ

2020/08/04
「トラフィック」

 

クラフトビール「インドの青鬼」

 

 

 

 

2杯目…

 

 

 

シューシェフのメニューは

 

 

サラダ

 

 

 

ポークソテー

ソースはクラシルで作ったそうです

 

 

 

ローヌのビオ

グルナッシュ・ノワールとシラー少々

 

 

 

ノエル

「ビオワインは飲みやすいなあ…お酒飲めないけど…」

 

 

 

で、食後のホームシアターは…

 

「トラフイック」 2000年/アメリカ映画

 

 

オールスター扱いはお手の物のソダーバーグ監督が、大味になりがちな作品を手堅くまとめています。

 

 

ストーリーの展開はダイナミックです。

 

 

アメリカとメキシコのエピソードが行ったり来たりしますが、

メキシコのシーンをモノトーンで撮影しているためわかりやすい!

 

 

わたしはどうしても演出より俳優の演技に目が行くものですから、

今回の俳優陣はみんな満足させてくれました。

 

◆ベニチオ・デ・トロ ◆ルイス・ガスマン(カリートの道でアル・パチーノを裏切る男) ◆エリカ・クリステンセン ◆ミゲル・フェラー(名優ホセ・フェラーの息子)

 

◆エイミー・アーヴィング(どこかで聴いた名前だと思ったら、中学生の頃観たホラー映画「フューリー」の少女役。その後スピルバーグと結婚していたとは…)…ほかにもドン・チードル、デニス・クエイドの顔も見えましたね

 

主演のマイケル・ダクラスやキャサリン・ゼタ・ジョーンズがかすむほどでした。

 

 

 

得点3.8 十分楽しめる作品です。