社長のブログ

2017/04/25
ある理容師の葬儀

梅もほころび 寒さ厳しい中にも春の足音が聞こえ始めた日の朝

ひとりの理容師が84年の人生に幕を下ろした

 

 

天草で農業や漁業を生業とする家に生まれた

5男2女の三番目・次男だった 

 

中学を卒業すると家業を手伝いながら成長し 

二十歳になる頃 博多に出て理容師の修業に入った

 

8年ほど経った頃だろうか 宮崎に移り住み小さなお店を構えた

その城は努力の結晶だった

 

店は故人の人柄と技術に支えられ繁盛した

 

あれから60年が過ぎた

 

持病を抱えるようにもなり 店は息子にゆだねた

 

忙しい毎日だったが 時間を見つけては家族旅行に行った

車に乗って故郷天草などを回ったことが忘れられない

 

 

お客との会話が何よりの楽しみだっただけに

彼の地でも先だった常連たちと再会し 

積もる話に花を咲かせることだろう

 

 

ひとつの道を究めた人生

 

 

それは決して平坦な道のりではなかったが 

想い出と言う小さな花々が路傍を飾っていた

 

合掌

 

002

 

式場には故人愛用の商売道具が飾られた