社長のブログ過去記事

2010/11/29
静謐な食堂

10.11.29(5)
一皿ずつチョイスできる定食屋・・・
宮崎で言えば 「大塚食堂」 に集う客は みんな 律儀だ。

腕まくりしている サラリーマンもいなければ
ベルトを緩めている おじさんもいない。
つまようじを くわえて出ていく客もいない。
みんな 寡黙に 真面目に 料理と向かい合ってる。
「食事と会話を楽しみました」は この店にはない。
ただひたすら 自分と 料理との 戦いを楽しんでる。
ある意味 本因坊戦の緊張感に 相通じるものがある。
白鵬も 若い頃 この店で 精神修行したらしい。  

行列に並んでる時も テーマパークの 待ち時間みたいだ。
誰も 列を乱そうとしない。
みんな 平等に 苦役をシェアしている。
勤勉な人たちの集まりだ。
そもそも 怠惰な人は この店には来ない。
そんな人たちは 日替わりランチの店に行く。
ここに来る人たちは 
自分の 自分による 自分のための ご飯を食べにくる。

そして 家に帰ると
嫁の 嫁による 嫁のための 料理を食わされる。
かずおさんは この店で 静かに食事をしているおじさんたちが 大好きだ。