社長のブログ過去記事

2010/11/17
スナック 「お魚屋さん」

10.11.17(5)
おじさんは スーパーでの買い出しに 慣れていない。
特に 生鮮食料品売り場や お惣菜売り場は 怖い。
夜の街に 繰り出すときは あれだけ 堂々としてるのに
お買い物の時は 交差点に 迷い込んだ 子犬みたいだ。
そんな 世の おじさんたちに 吉報を。

ふじもと家 御用達の 鮮魚及び魚介類専門店 またの名を 魚屋さんを 紹介しよう。
以前から 知っていたが 意地悪で 教えなかったもんねー 😡
 
このお店は 広くない。
広くないから 人がいない。
おばさんたちの タックル攻撃を 受けることもない。
交差点で 立ちすくむこともない。
店の中は スナックの カウンターみたいに 落ち着いてる。それも 貸し切りだ。
ホームグランド感 抜群。
マイクがあったら カラオケを 1曲 歌ってしまうところだった。

店に入ると ピチピチの おねえさんの代わりに 
ピチピチの 鮮魚たちが お出迎えしてくれる。
この娘たち セット料金 300円 が 基本。
思わず 「良心的」の 三文字が 頭をかけ巡る。

更に おつまに相当する お惣菜部門も この充実ぶり。
「ママ 料理も 上手いねえ」。
隣の おじさんの 鼻の下は 伸びる一方だ。

最後に 読者のみなさんに 場所を 教えようとしたら
カウンターの奥から 蝶ネクタイをした 職人肌の マスターが 現われて
「ウチは宣伝しないことが 宣伝なんすよ」と すごまれたので
詳しくは かずおさんに 個人的に 聞いてチョ。