社長のブログ過去記事

2010/11/16
ちゃんこ祭り

10.11.16(5)
あれほどダメよと 言ったのに 
この前行った 「東風」の味が 忘れられず
ついに こじんまりした 鍋会を してしまった。

素人が 手を出して 失敗した 典型的パターン。
家族だけなので 全然 盛り上がらず。

せっかく お祭りに行ったのに とうとう 知り合いに会えず
ひとり とぼとぼ歩く 夏の夜。
祭りのにぎわいが 一層 寂しさを 募らせてくれる。
鍋から昇る蒸気が モノトーンの 花火に見えた。
「なべ屋?」 つい口から出たジョークに 反応する者はいない。
雑踏の中の 孤独。

あれほど うっとうしかった 鍋奉行様に 会いたい。
鍋奉行様の ご指示に 従いたい。
鍋奉行様に 叱ってほしい。
鍋奉行様は 鍋祭りの お神輿だ。
「そこは まだ!」   「はい!」 
「火い 弱めろ!」   「了解!」
一人二役は 疲れた。
疲れたので お祭りの帰りに うどんを 食べることにした。