社長のブログ過去記事

2010/07/27
祖父

10.7.27(2)
今日は 当社の創業者でもある
私の祖父の 45回目の命日です。
神道ですので 45年祭にあたります。

宮崎市赤江の裕福な農家の跡取りとして生を受けましたが
父親が 保証人倒れになり 全財産を失ったため
止むなく 奉公に出されたとか。

もともと ボンボン育ちだったため
何をやっても 商売が上手くいかず
一計を案じた親戚のアイデアで お寺に住み込み
下働きをしました。

その後 曲折を経て
宮崎市宮田町に葬具店を開業。
時に昭和4年。
出店理由は 現金商売だから。
それまで 味噌や醤油を売っていたものの
すべて掛け売りで
「支払いは いいが いいが」という 大名商売では
うまくいくはずもなかったとのこと。

やがて時流に乗り 商売も成功する中
大好きな 民謡にも打ち込み 「日向民謡保存会」の会長に就任し
波乱万丈の人生を全うしました。

お人好しで 決して商才に長けた祖父ではありませんでしたが
二つの財産を残してくれました。

それは 誰からも嫌われなかったということ。
そして 創業の精神 「誠を尽くせ」という教え。

それから81年の歳月が流れましたが
今でも ふじもとイズムとして 脈々と受け継がれています。

因みに 「ふじもと美誠堂」という 屋号は
民謡の大家だった祖父の「美声」と
創業の精神「誠」のこころをかけて
祖父の没後 父が命名したものです。


本日は多忙なので
昨日 先祖の墓を参って来ました。

祖父の年祭は 秋に控える
父の15年祭と合わせて 執り行います。