社長のブログ過去記事

2010/07/08
特派員報告

10.7.8 (5)

宮崎ロータリー 広島特派員のマツノブ氏から また新たな情報が・・

藤元社長様 我が家でも、似たような小鳥のひなの事件が発生しました。土曜の休みに、立体駐車場からクルマを出そうとしたら、家内が地下から小鳥の鳴き声がすると言ってききません。仕方なく、クルマを出して家内の操作で、私が地下へもぐって行くとそこには、まだ飛べない小鳥のひなが震えてした。やっとのことで捕まえて、ペットショップで鳥かごを買って来ました。「野鳥だから、どんなに愛情を注いでも人間に馴れることはない」と思い、飛べるようになったら屋外に放すつもりでした。家に帰り、早速インターネットで小鳥の種類を調べてみました。スズメについて調べてみると、「チュンと鳴く」「スズメ以外はチュンとは鳴かない」と書いてありました。その直後、パソコンの隣の鳥かごの中で、「チュン!」と鳴きました。その瞬間、私達夫婦はスズメの虜になりました。(バッキューン!)名前は、広島で拾ったので「ピロちゃん」です。(カタツムリの命名と一緒かい!!!)翌朝、鳥かごの中に手を差し出すと、ご覧の写真のような状況で、手乗りスズメになりました。鳥かごに戻そうとしても、私の掌にしがみついて降りようとしません。前日まで、あんなに怯えて逃げ回っていたのが嘘のようです。かわいくて、仕方がありません。いけない事かも知れませんが、私はピロちゃんを一生我が家で飼い続けることを決心しました。ところが、悲しいことに直後に突然死してしまいました。野鳥を育てるのは、本当に難しいのですね。。。広島のとても静かな森林公園の木陰で土に帰してあげました。(涙)

これは 先日の 「千の風だより」 ゛小鳥のエピソード゛を受けてのレポートだと思われます。

それでは 故 マツノブ・ピロちゃんを紹介します。


※宮崎を離れたロータリーOBの皆様 学友の皆様 近況報告待ってますよー。