社長のブログ過去記事

2015/12/27
12/27 葬儀豆知識 「葬儀費用のトラブルについて」

先週の地元紙に残念な記事が掲載されました。

詳細は省きますが、葬儀費用に対するトラブルが近年増えているとのこと。

昔は葬儀費用はベールに包まれていて、そのためのクレームが発生していましたが

近年は費用の表示価格と実際の請求額との違いから問題が起こっているのではないでしょうか?

そこでそのようなトラブルが起こらないコツをお教えします。

一番良いのは「事前相談」と言いまして、前もって見積もりを取ることです。

それも複数の葬儀社を回り比較することをお勧めします。

そこでのポイントは葬儀社ごとに料金体系が異なりますが、

あまりそれにこだわらずに、結局のところ「総額がいくらか」が注目点です。

更に重要なのが、事前の見積もりと、実際葬儀を依頼した時の金額が異なる業者がありますので気を付けることです。

「安く見せて、高く取る」…残念ながらそれが実態です。

そこで、「これがすべてですね」と強く念押しをしてください。

あいまいな答えが返ってきたときは要注意です。

事前相談のメリットは費用だけでなく、施設内容や接客態度などが確認できることもあげられます。

料金の相談だけでなく、どれだけ自分たちの考えを尊重してもらえるかも葬儀社選びのポイントと言えましょう。

次に、前もって相談に行く余裕のない場合ですが、

見積書が出た段階で、予算オーバーしていたらはっきり言うことです。

決して恥ずかしいことではありませんので、後悔するよりは思い切ってお考えを伝えてください。

更に見積り書を見て「これがすべてですね」と念を押してください。

夜中にお亡くなりになられた場合など、疲れや哀しみで冷静な判断ができないときは、翌朝話し合いをしてもよいでしょう。

どうしても、その葬儀社に不信感を感じる場合は、お通夜前でしたら業者を代えることも可能ですので強いお気持ちで臨んでください。

いずれにしても、当社が大切にしているグリーフケア(悲嘆回復)のためには

納得のいく御葬儀をすることが第一ですので、葬儀社には堂々とお考えをお伝えください。

一番不幸なことは、納得のいかない御葬儀であったがために、いつまでも悲しみが尾を引くことではないでしょうか。