社長のブログ過去記事

2015/08/30
8/30 男たちの旅路

昨日も往年の名作ドラマの再放送を観ました

特攻隊上がりの鶴田浩二

今では警備会社の中間管理職

歳はおかず氏と同じ、50代半ばで独身

昔気質の古いタイプの頑固おやじ

いつも礼儀や常識と口うるさく

水谷豊演じる若手社員と衝突ばかり

そんな優等生を絵にかいたような中年オヤジが

娘のような歳の部下である桃井かおりに恋をしてしまう

果たして、その恋は実るのか 否か…

と言うエピソードでしたが

20年くらい前の再放送を観た時は

年とった鶴田浩二の女々しさに幻滅したものですが

この年になって観ると感慨深いものがありましたねえ

彼女に対する思いは純粋な恋だったのか

己の寂しさをまぎらすひとときの寄り道か

あるいは、彼女の境遇に対する同情か

それとも父性愛なのか

深いよね

山田太一の脚本

今は警備会社の社長であり、かつて軍隊時代の上官、池部良のセリフがいい

「あんな若い娘を好きになれるなんて、お前、まだ若いなあ」

名優たちの白熱した演技合戦でした

柴俊夫

あくまで上司の鶴田浩二を擁護する硬骨漢

水谷豊

桃井かおりに心を寄せ

横恋慕を入れる形になった、上司の鶴田浩二を恨む

無軌道な若者役をやらせたら天下一品でしたね

桃井かおり

父親みたいな上司に心を寄せる

池部良

貫禄です!

鶴田浩二

とても自分と同じ年には見えない

昭和の人は大人ですね?