社長のブログ過去記事

2015/08/03
8/3 京都男旅…京都御苑
ふじもとファミリー 歴史の舞台に立つ

同志社を出て、雨も小やみになったところで

お向かいの京都御苑に入りました

御苑の中に御所があります

でもここは特別拝観の時期を除いて、一般公開していません




しばらく歩くと、かの有名な「蛤御門」に行きつきました

ここは本来「禁門」「新在家御門」とも呼ばれてましたが

幕末の「蛤御門の変」で有名ですよね

大学入試問題集にも出てました

では、なぜ「蛤御門」などと言う奇妙な名前になったかと言うと

この門は長らく開かずの門で、扉が開かれることはなかったんですね

ところが江戸時代の天明の大火で、洛中の大半が焼かれたとき

御所の中の人の避難所を確保するために、遂に門が開かれたんです

その姿が火あぶりにされながら口を開く「蛤」に似ていたところから

誰が名付けたか知らないけど「蛤御門」と呼ばれるようになったんだって

門には、幕末維新で長州藩と薩摩・幕府軍が武力衝突した際の

鉄砲や刀の跡が生々しく残っています

色んな歴史の舞台に立ち

それを見守ってきた「蛤御門」…

京の隠れた名所です

こんなことを話しながら男旅は続いて行くのであーる