社長のブログ過去記事

2015/06/26
6/26 おはようございます

怒涛の京都上洛から戻ってみると 6件の御葬儀を拝命しており

今日から現場浸りの日々が続きます

有難いご縁に感謝しながら誠を捧げます

【おかず写真館 英国式庭園に咲く花】

さて京都に着いて最初に訪れたのが「伏見稲荷大社」でした

学生時代と修業時代 合わせて6年も京都にいましたので

たいがいの名所旧跡は訪れておりましたが

数少ない初めて訪れる有名スポットです

ご存知のように全国に三万社はあると言われる稲荷社の総本宮

商売繁盛 五穀豊穣のご利益があるとされています

ところで奈良時代 ある長者が放った矢が的である餅を射抜いたところ

その餅が白鳥となり山の峰に降り立った

そしてそこに稲が生じたところから「いなり」と言うようになったげな

稲荷大神様のお使いであるきつね

いなり寿司に使われている油揚げが入っているので

きつねうどんと言うのであろうか…?

万に及ぶ鳥居が林立する

ここを通るだけでご利益ありあり感↑

ちなみに鳥居は願いが「通る」から鳥居と言うようになったんだって

そして「通った」御礼に鳥居を奉納するようになったのは江戸時代から 

「朱」は魔力に対抗する色

伏見稲荷では稲荷大神様の力を表しています

原材料の水銀は木の防腐にも効果があるのだ

昔の人はスッゴイ

ほかにも色々霊験あらたかなお話がありますが

ひとつびっくりしたお話が…

実は伏見稲荷は指折りの外国人観光客の多い所

でも信仰の違いからお賽銭を捧げない人が多いそうで

お寺のように拝観料を頂かない神社では

少々困惑しておられるとか(タクシーさんのお話ですよ)

で われわれ日本人は拝観料を取らない神社では

お賽銭を納めるようにしましょうね

風水的には115円が良いんだって

成功の数字です

おかず氏の車のナンバープレートも115…

そのうち成功すると思います