創業昭和4年 株式会社ふじもと美誠堂 宮崎県宮崎市の総合葬祭
アルテ ふじもと美誠堂
お問合わせ0120-21-0556(ふかいまごころ)

社長のブログ過去記事

2015/03/25

3/25 お葬式の流れ

おはようございます

今日はお葬式の流れについて少しお話をしようと思います

1 お医者さまから危篤を告げられたら、すみやかに対処する

お医者さまから危篤を告げられたら、

親戚や特別親しい人には連絡を入れ

場合によっては、最期に立ち会ってもらうような配慮が必要になります

また亡くなった後、病院には長時間安置できませんので

もしものとき、どこの葬儀社に依頼するかも決めないといけません

悲しみと慌ただしさの中で、

ご家族にとってはとても負担を感じる時間帯だと思います

2 臨終を迎えたら、すみやかに葬儀社に連絡を入れる

1でも述べましたが、病院には長時間ご遺体を安置する場所がありません

従って、なるべく早くお連れ帰る準備に入らないといけません

まずは葬儀社に一報を入れます

ただし夜間の場合は、車の配車などに時間がかかりますので

ただちに病院に急行できないこともあります

ある程度、時間に余裕をもって連絡をするようにしてください

宮崎市内の病院でもご連絡を頂いて

お伺いするまでに、最低1時間はお時間が必要になります

3 お帰り場所を決める

以前は病院からご自宅に帰るのが当たり前でしたが

今は住宅事情などで、葬祭ホールに直接お連れするケースが増えております

いずれにしても、葬儀社に連絡を入れる際には

どちらにお連れするか決めておく必要があります

4 お打ち合わせに入る

ご遺体をご安置して葬儀社との打ち合わせに入ります

このときに、日程、式場、宗旨・宗派、予算、規模などが決められます

以前は葬儀社に一報を入れる前に

宗教者(お寺)などに連絡を入れることが多かったのですが

最近はご遺体の安置が終わってから

お知らせするケースが増えているようです

5 お通夜の準備に入る

打合せが終わると、ご遺族、葬儀社共に

お通夜に向けての準備に入ります

ご遺族ですと、

関係者への連絡、参列する親族の人数、料理の数

供花のとりまとめ、お布施の準備、写真選び

ご遺体へお着せする洋服の準備などに加え

弔問客の応対など

慌ただしく時が流れていきます

6 納棺

このときは、御身内だけが集まり静かな時間を過ごしていただきます

お通夜になると大勢の人が集まってきますので

ご遺族が静かに故人と過ごせる

最後のひとときになるかもしれません

このとき「おくりびと」と言われる納棺士が

お体のお手入れなどをいたします

7 お通夜

会場にお棺を安置するとお通夜が始まります

仏式ですと30分程度のお経があがり

弔問客のお参りが続きますが

最近では午後8時過ぎには一般のお参りは少なくなります

8 葬儀・告別式

お葬式当日が来ますと

朝の会食(出立の膳)をおとりいただき開式となります

およそ一時間でお葬式が終わり

火葬場へ向けて出棺となります

9 火葬・収骨

火葬場に到着してお経があがると

いよいよ火葬炉の点火となります

ご遺族にとって故人との今生の別れとなる

一番辛い瞬間です

以前は「喪主は火葬場には行くものではない」と言われましたが

最近では本人の意思を尊重するようになりました

火葬が終わると身内の代表の人たちだけで

収骨をしていただきます

火葬場の職員や葬儀者が立ち会いますので

手順や作法などご心配いりません

10 帰骨

収骨が終わると、場合によっては法要などが営まれ解散となります

御遺骨やお位牌、遺影などはご自宅にしつらえた

簡易な祭壇にご安置いたし

忌明けまでしばらくお祀りいただきます

以上、仏式の場合を中心に一例をあげましたが

このほかにも、宗旨や慣習の違いなどあり流れは様々です

詳しいご説明をご希望の方は

ふじもと美誠堂 0120?21?0556まで

お気軽にお問い合わせください

 

アルテ 株式会社ふじもと美誠堂 宮崎県宮崎市の総合葬祭

【アルテ高洲】
〒880-0852 宮崎市高洲町40-1
TEL:0985-23-2884
FAX:0985-23-0004
【アルテ本郷】
〒880-0925 宮崎市本郷北方1-1
TEL:0985-56-0983
FAX:0985-56-0987
【アルテ桜ヶ丘】
〒880-2112 宮崎市小松1425
TEL:0985-48-5500
FAX:0985-48-5566
【アルテ大淀】
〒880-0907 宮崎市淀川3丁目8-5
TEL:0985-78-0983
FAX:0985-78-0984