社長のブログ過去記事

2014/08/31
8/31 おはようございます。

朝のうち、どんよりした空模様でしたが

時間と共に日が差してきて、午後になると汗ばむようなお天気になりましたね。

週末の今日は、色々と計画がおありの方も多かったと思いますが、

まずまずの日曜日ですね。

そのような中、かく言う私は早朝から仕事に専念しております。

いつもより早めに出社して、社長朝礼および原稿書きや打合せを済ませました。

その後、アルテ桜ヶ丘に移動し、午前中の葬儀司会を勤めたところです。

本日は5件のご葬儀を拝命しており、終日息の抜けない週末です。

8月も今日で終わり。

いい締めくくりにしたいものです。

ところで今朝はインターンシップ制度でお預かりしていた倉園さんの離任式をしました。

宮崎市内の大学に通う女子大生ですが、就活にあたり葬儀業界に興味があるとのことで

ある方のご紹介で、この1か月間研修生として当社に勤務してもらいました。

ご紹介者曰く、「宮崎で葬儀を学ぶならふじもと美誠堂」と言う過分なるお言葉が添えられていました。

きっとこじんまりしているので、細かいところまで指導が行き届くと思われたのではないでしょうか。

はたしてご期待に添えたか、少々気になる所ではあります。

その離任式に当たり、こんなお話をさせていただきました。

タイトルが

天職と転職」

天職とは天が自らに与えてくれた仕事。

それが義務や命令であったとしても、楽しくて仕方のない仕事のことです。

とかく隣の芝生は青く見え

他人の仕事は楽しそうに見えるものです。

「もっと自分に向いた仕事があるのではないか」という思いにとらわれがちです。

ただ、そうやって転職を繰り返していても、おそらく天職には巡り合えません。

目の前の仕事に一生懸命、精一杯取り組んだとき

最後に

「これはあなたでないとできなかった」

「あなたらしい仕事ですね」

「あなたがいないと困る」

などと評価されるのです。

そこまでいけば、それはもう天職と言っていいのではないでしょうか。

きっとどんな任務が与えられても、やりがいと達成感を感じるはずです。

他人のことをうらやむより

自分に与えられた仕事をひとつひとつ、こつこつと、

心を込めてやりきること。

そうすれば素晴らしい職場と仕事に出逢え

素晴らしい人生になると思います。

平成26年8月31日

株式会社ふじもと美誠堂

代表取締役社長 藤元一生