社長のブログ過去記事

2014/08/06
レギュラー大会 第2試合 VS清武中

清武の歓喜!

激闘を制したのは学院☆
やっぱり「持ってる男」が決勝弾
試合終了のホイッスルが鳴った途端 思わず抱き合う学院イレブン

こんなシーンを見たのは初めてだ

中体連のシード権がかかる

決勝トーナメント進出をかけた第2戦

強い日差しと 時より激しいスコールの降る 過酷な天候の中

両チーム一歩も譲らない熱戦が繰り広げられた

この試合でも はるきのディフェンスは

ことごとく相手のチャンスの芽をつぶした

もはやバンビちゃんとは言わせないぞ

ピッチのジャッカル・としき

計算し尽くしたパスを出す ピッチの物理学者もりりん

やはりこの男は持っていた 

再三のシュートチャンスを外したものの

終了間際には きっちり仕事をしたリキ

黄色い壁が学院ゴールに立ちはだかった

PK戦にもつれ込んでも この男がいるという安心感で

チームは精神的にどれだけ救われたことだろうか

後半 あわや決勝ゴールかと言うミドルシュートを打った しゅんた

ガッツポーズは次の試合までおあずけだ

ワンダーボーイも体を張って上級生に立ち向かった

ニューアイドル登場

ジャニーズ系サッカー小僧 しゅうたろう

近い将来チームを背負って立つのは間違いない こうき

鰐塚おろしの寒風で鍛えたフィジカルの強さが武器

入団即 ベテランの風格 シュート

サイズを活かしたダイナミックなプレーは とても1年生とは思えない

サッカーエリート 三浦三兄弟の二男・けいし

剣道部からのラブコールを断ち切って サッカー部に入団

プレースキックと相手エースのマンマークを任された みっち

フリーキックで同点弾 更にボランチとして相手エースを完全に抑え込み 

会心のプレーを見せてくれた

決勝点を決めたリキに駆け寄る学院イレブン

試合終了後にはご覧の雨粒が…

まるで勝利を祝う ウイニングシャワーのようだった

試合後「思わず熱くなりました」と語ったAKB先生

ただでさえ暑い日だったのに

この日ピッチでは 軽く50度は超えるような 熱い 熱い 闘いが繰り広げられた

さずかに清武中は1年前から鍛えこまれた 素晴らしいチームだった

ただこの日は 学院イレブンの気力がほんの少しだけ上回っていただけだ

来季もリーグ戦で対決する

好敵手を得て 新しい名勝負数え歌の始まりだ

前半 1?1  みっち

後半 1?0  リキ

合計 2?1    

※立ち上がり再三のチャンスをFWに起用されたリキが決められず 主導権を取れない。

押しに押していた序盤 みっちのクリアボールが不運にも相手に亘り 

ミドル弾を撃ち込まれ先制点を許す。

嫌なムードが漂う中 相手のイージーミスからゴール前でフリーキックを獲得。

難しい角度だったが これをみっちが難なく決めて試合は振り出しに。

後半 相手はエース10番にボールを集めるが マークに付いたみっちが思うようにプレーをさせない。

両チーム一進一退の激しい攻防が続く中 

PK戦も頭によぎる時間帯になったところで みっちがプレスをかけ相手ボールを奪取

すかさずリキにスルーパスを出し GKと1対1になったところで 強烈な決勝弾がゴールネットを揺らした。

アディショナルタイムになってからも 清武中の猛攻をしのぎきり タイムアップ。

※8/3 清武中グランドで撮影

終了と同時に 両チーム死力を尽くした熱闘をさますかのように

大粒の雨が降り始め 汗や涙を洗い流していた