社長のブログ過去記事

2014/04/29
直心是道場

最初はバイト生として入社した滝澤君が準社員を経て、

このたび当社規定により正社員に昇格しました。

この間 実に真面目に素直に仕事に励んでくれたと思います。

昇格式に当たり、私の大切にしている禅語のひとつ

「直心是道場」(じきしん これ どうじょう)という言葉を贈りました。

人は往々にして今の自分の環境を嘆くものです。

「もっといい会社に入るはずだったのに」

「この仕事は自分に向いていない」…などなど

しかし、それは環境のせいだけでしょうか。

どこか遠くに自分に合う場所があるのではありません。

どんな場所にも幸せや学びはあります。

「直心」とは素直な心。

まっすぐな気持ちで取り組めば

どんな環境にいようとも、

今いる場所が自分に多くのものをもたらしてくれるのです。

この言葉には、そのような意味があるのです。

辞令を渡すとき、

5年前の入社式と同じように彼は泣き出しました。

月日が経っても、彼の心には「直心是道場」の精神が宿っていました。

社員もみんな微笑みながらそれぞれの現場に散っていきました。

彼らの笑顔を、その日のご遺族はきっとお許しくださったことでしょう。