社長のブログ過去記事

2014/04/08
歎異抄

歎異抄(たんにしょう)とは鎌倉時代に書かれた仏教書で

浄土真宗の開祖・親鸞聖人の弟子、

唯円が書いたと言われます。

そのような理由で

ご住職さまは

タンに塩(歎異抄)がお好きなのであーる。